ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年10月09日 07時00分 公開

10年で売り上げ5倍 ニッチな下着ネット通販の舞台裏 (1/2)

福井県あわら市の「すててこ」は下着専門のインターネット通販会社。アパレルのネット通販は多いが、下着に特化してニッチ(隙間)をねらい、売り上げを10年で5倍に急拡大させた。秘密は3代目社長による、実店舗からの大胆な転身にあった。

[産経新聞]
産経新聞

 福井県あわら市の「すててこ」は下着専門のインターネット通販会社。アパレルのネット通販は多いが、下着に特化してニッチ(隙間)をねらい、売り上げを10年で5倍に急拡大させた。秘密は3代目社長による、実店舗からの大胆な転身にあった。

本社は大きな倉庫

 あわら市の住宅街の一画にある本社は、入り口に学生服などを扱う販売カウンターを置くが、裏に回れば商品保管の大きな倉庫だ。3代目の笹原博之社長(47)が平成26年、「大手チェーンとの競争に勝てない」と見切りをつけ、倉庫に改装した。

photo 棚に並んだ箱にバーコードを印字し、在庫管理などをしている「すててこ」の倉庫=福井県あわら市

 同社の品ぞろえは6千点に上り、200以上のカテゴリーに分けて販売する。自社サイトのほか、ヤフー、楽天、アマゾンなどの主要ショッピングサイトに支店を持ち、29年の年商は5億円。ネット通販を本格化する前の約10年前と比べると約5倍にもなった。

photo 下着専門のネット通販「すててこ」の本社=福井県あわら市

 ネット通販の市場規模は右肩上がりを続け、昨年は9兆円を突破。そこに商機をつかんだ笹原社長だが、「ネット通販をしないと食べられなかったのが実情だった」と振り返る。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.