ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年10月25日 12時20分 公開

チケット不正転売禁止法で初摘発 「嵐」電子チケット高額転売の女を書類送検

人気アイドルグループ「嵐」のコンサートチケットをSNSで転売したとして、大阪府警は24日、チケット不正転売禁止法違反などの疑いで、札幌市白石区栄通の保育士の女(24)を書類送検した。同法はチケット転売対策として6月に施行されたばかりで、適用は全国初という。

[産経新聞]
産経新聞

 人気アイドルグループ「嵐」のコンサートチケットをSNSで転売したとして、大阪府警は24日、チケット不正転売禁止法違反などの疑いで、札幌市白石区栄通の保育士の女(24)を書類送検した。同法はチケット転売対策として6月に施行されたばかりで、適用は全国初という。

 女は嵐のファンといい、インターネットで転売されていたチケットを複数枚購入。自身の席を確保した上で残りをさらに高値で転売しており、「1月に嵐が活動休止を発表したので全てのコンサートに行きたかった。コンサートを巡る資金がほしくて転売した」などと供述しているという。

 書類送検容疑は今年6〜9月、SNSで転売を持ちかけ、10〜20代の女性3人に嵐のコンサートの電子チケット4人分を計42万3千円で転売したなどとしている。転売価格は定価の最大14倍超で、最高1枚13万3千円だったという。

 府警によると、電子チケットには入場可能な人の名前があらかじめ記載されており、入場時に写真付きの身分証で本人確認が行われ、その際に初めて会場の座席が指定される仕組み。女は実在する会社の社員証を模したカードを自分だけでなく、転売相手の分まで偽造して用意。当日は一緒に入場し、指定された中で最もいい座席を自分の席にしていたという。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.