ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年11月26日 07時00分 公開

勤務先PCの全データを消去 元システム管理者の男を逮捕 「社長や会社の対応に不満があった」

元勤務先のPC内のデータを全て消去したとして、千葉県警サイバー犯罪対策課が元システム管理者の男を逮捕した。「社長や会社の対応に不満があり、会社の業務を妨害した」と容疑を認めているという。

[産経新聞]
産経新聞

 業務を妨害する目的で元勤務先のPC内のデータを全て消去したとして、千葉県警サイバー犯罪対策課は25日、電子計算機損壊等業務妨害の疑いで、東京都調布市多摩川の自称会社員、石橋典昭容疑者(62)を逮捕した。「社長や会社の対応に不満があり、会社の業務を妨害した」と容疑を認めているという。

photo 逮捕された石橋典昭容疑者=25日、千葉県警八千代署(白杉有紗撮影)

 逮捕容疑は3月5〜6日、以前勤務していた千葉県八千代市の建設会社のパソコンに不正にアクセスし、顧客情報や契約書などの全データを消去したとしている。

 石橋容疑者は同社のシステム管理を1人で行っており、1月の依願退職後も会社がIDやパスワードを変更していなかったため、データにアクセスできた。同課によると、個人情報の漏洩(ろうえい)などは確認されていない。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.