ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年12月19日 07時00分 公開

自動ブレーキ義務化、自動車メーカーは「対応には困らない」

政府は2021年以降に発売される新車に自動ブレーキを搭載するよう義務付蹴る方針を示したが、大手自動車メーカーはすでに対応しており商品計画に大きな影響はないという。

[産経新聞]
産経新聞

 政府は17日、2021年11月以降に発売される新車に自動ブレーキ搭載を義務付ける方針を示したが、大手自動車メーカーはすでに、ほとんどの新型車で自動ブレーキを搭載しており、商品計画に大きな影響はなさそうだ。もっとも、自動ブレーキを標準装備していないグレードが設定されている新車もあり、安全対策の徹底という意味では効果が期待できる。

 「メーカーが対応に困るということはないだろう」。自動車業界関係者はこう指摘する。顧客の安全性能への意識は高く、国土交通省によると平成30年に販売された新車のうち、84.6%に自動ブレーキが搭載されており、19年はさらに高まっているとみられるからだ。

 だが、車には装備の充実度によって複数のグレードがそろえられる。車種によっては、顧客への選択肢として、価格を抑えて自動ブレーキを搭載しない車を提供しており、コストを抑えたい法人顧客が大量に購入するケースがあるという。義務付けにより、こうした車が徐々に自動ブレーキ搭載車に置き換わっていく見通しだ。

 販売価格が底上げされる懸念もあるが、国交省は「自動ブレーキの性能要件を国際基準に合わせることで、国ごとに独自の仕様にする必要がなくなる」(技術政策課)と、メーカーがスケールメリットを享受できると説明している。(高橋寛次)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.