ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年12月19日 07時00分 公開

8Kで撮影する時代劇「帰郷」の挑戦 表現豊かだが「きれいすぎ」で撮影に工夫も (1/2)

日本映画放送の時代劇「帰郷」は8Kで撮影された。ろうそくの明かりの質感など2K映像でも難しかった表現ができる一方、きれいに写りすぎてしまう難しさもあったという。

[産経新聞]
産経新聞

 日本映画放送の「時代劇専門チャンネル」が制作した時代劇「帰郷」は、超高精細映像の8Kで撮影された。壮大かつ緻密な風景や、揺らぐろうそくの明かりの“質感”など、2K映像では難しかったさまざまな表現が可能となり、時代劇の新たな可能性を提示する作品となっている。(兼松康)

photo ろうそくの明かりの揺らぎをも映し出す。8Kならではの超高精細映像で実現した

 「これまでは、ろうそくの光を表現するのがとても難しかったので、それに(8Kで)挑戦してみたかった」

 「帰郷」の杉田成道(しげみち)監督は、仏カンヌで開かれたテレビ番組などの国際見本市「MIPCOM」で、8K撮影をした理由を問われ、こう答えた。

 「ろうそくの光はとても柔らかく、当時の人はその光に集まった。人間の揺れる気持ちを表現できた気がする」

 実際のところ、役者陣にとっては、8K撮影で大きな影響があったわけではない。主演の仲代達矢は「機材は変わっても役者のやることは変わらない」。また、「8Kだからこういう芝居、とは一切考えなかった」(佐藤二朗)、「表情を変えるとかはできないし。どうにもできないですね」(常盤貴子)と、他の出演者も異口同音だ。

photo 主演した時代劇「帰郷」について語る仲代達矢(兼松康撮影)

 杉田監督も当初は「芝生(を映した8K映像)は緑過ぎて、自然な色じゃないと思った」と明かす。「きれいすぎて、リアル感や遠近感がなくなる」と危惧した。そこで、8K映像では通常、1秒間に60コマで撮るところを、「帰郷」では同24コマでの撮影にすることで、色みなどを落ち着かせる効果を得た。

 こうした工夫を加え、8Kによって、ろうそくの光の柔らかさ、暖かさを「初めて撮影できた」と杉田監督は振り返る。台本も読めないくらいの暗いシーンで、揺らめくろうそくの光が美しく表現された。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.