ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2019年12月20日 07時00分 公開

がんの特徴をAIが自力で学習 医師より高精度に再発予測

AIが人間に教わることなくがんの特徴を学習し、がんの再発を予測する技術を理化学研究所などが開発した。予測精度は人間の医師より高かった。

[産経新聞]
産経新聞

 人工知能(AI)が人間に教わることなく自力でがんの特徴を学習し、がんの再発を高精度に予測する技術を理化学研究所などが開発した。英科学誌に18日、論文が掲載された。人間には見つけられなかった特徴を発見することで医師より高精度に予測でき、より適切な治療に貢献しそうだ。

photo がんの再発を予測する人工知能(AI)について会見する理化学研究所の山本陽一朗チームリーダー=東京都中央区(松田麻希撮影)

 研究チームは前立腺がんの患者100人分の臓器の標本から作製した約11億枚の画像を使って、AIを学習させた。画像のどこにがんがあるかなどの情報は与えず、AIは自力で画像を分析。患者の予後の情報と合わせることで、再発しやすい特徴を見つけ出した。

 日本医科大病院などの症例で検証した結果、再発するかどうかの予測精度は医師より高かった。医師の予測を統合すると精度はさらに高まり、より良い診断につながることが分かった。

 医療用のAIは、画像に病名などの意味付けをして学ばせる手法が大半だ。これだと画像の分類に手間がかかる上、AIは教えられた範囲でしか学べないため、人間を超えられない。

 今回は、いわば教師も教科書もなしにAIが自習した形だ。人間の知識の枠にとらわれず、専門家も気付いていなかった特徴を読み取り、医師を超える精度を達成できた。

 理研の山本陽一朗チームリーダーは「今回の手法で、薬の効果の予測に使える特徴を抽出することもできる。医療以外でも、人間が気付けなかった新たな知識を見つける方法として使えそうだ」と話している。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.