ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年12月23日 07時00分 公開

レノボ創業者が引退表明

中国レノボグループは、同社創業者の柳伝志氏が今月末で引退すると発表した。

[産経新聞]
産経新聞

 【北京=三塚聖平】中国パソコン大手、聯想(レノボ)グループは19日までに、同社創業者の柳伝志氏(75)が今月末で引退すると発表した。柳氏は1984年にレノボの前身企業を仲間とともに立ち上げ、世界最大規模のPCメーカーに育て上げた。中国メディアは「伝奇的な起業家」と柳氏の存在を説明している。

 柳氏は、レノボを傘下に持つ聯想控股(レジェンド・ホールディングス)の会長職を31日に退く。後任には寧旻・最高財務責任者(CFO)が就任する。中国メディアによると、柳氏は人民解放軍の軍事電信工程学院で学び、政府系研究機関の中国科学院でコンピューターの仕事に関わった。84年に柳氏ら中国科学院の11人がレノボの前身企業を立ち上げている。

 レノボは2005年に米IBMからパソコン事業を買収して海外事業に本格進出し、世界市場で業績を拡大させている。調査会社ガートナーによると19年7〜9月期の世界PC出荷シェアは、レノボが25%弱を占めてトップとなっている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.