ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年12月27日 07時00分 公開

業務中にSNSで副業探した消防士、振込先口座を詐欺に使われ停職4カ月

千葉県浦安市は、副業の振込先として知らせた銀行口座を詐欺に使われた消防士の男性を停職4カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性は業務時間中にSNSで副業を探していた。

[産経新聞]
産経新聞

 千葉県浦安市は26日、副業の振込先として知らせた銀行口座を詐欺に利用された消防署消防士の男性主事(23)を停職4カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 市によると、主事は今夏、業務中にSNSで副業としてのアルバイト先を無許可で探していた。8月13日、接触した東京都内の個人から手数料の振込先として必要と求められ、自身の銀行キャッシュカードと、暗証番号を記した用紙を送付したところ、口座が詐欺に利用され、県警の取り調べを受けた。

 主事は「借金を返済するため、SNSで簡単に金を稼げるアルバイトを探していた。深く反省している」と話しているという。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.