ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年01月17日 07時00分 公開

大阪市長、子どものスマホ使用について「条例でルール化したらどうか」 不登校対策として検討

大阪市の松井一郎市長は、小中学生のスマホやゲームへの依存が不登校の原因の一つとなっているとし、使用時間を条例でルール化する考え方を示した。

[産経新聞]
産経新聞

 小中学生がスマートフォンやオンラインゲームに依存するのを防ごうと、大阪市の松井一郎市長は15日、スマホの使用時間を条例でルール化することも視野に、実効性ある対策を検討するよう市教委に指示した。

 松井氏は同日市役所で開かれた会議で、不登校の要因の一つがスマホやゲーム依存であるとの実態が紹介されたことを受け、「夜は何時までとか、条例でルール化したらどうか」との考えを示した。

 市内では旭区が2014年に、スマホやゲーム機を午後9時以降は使用しないなどのルールを決定。校長判断で各校で適用されているが、市教委として統一したルールは定めていない。

 松井氏は、使用制限に強制力を持たせたり罰則をつけたりすることは難しいとの認識を示した上で「理念的なものにはなるが、(大阪市として)ルールを作ったよというのが(不登校を減らすのに)大事なのかもしれない」と述べた。

 スマホやオンラインゲームの使用制限を巡っては、香川県が子供がインターネットやゲーム依存になるのを防ぐ全国初の条例制定を目指している。今月10日の検討委員会ではスマホやゲームは「平日は1日60分まで」などとする条例素案が示されたが、ネット上でも賛否が分かれるなど物議をかもしている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.