ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2020年01月31日 07時00分 公開

1秒に1人、AIが生み出す実在しない美男美女 新技術がもたらす光と闇 (1/2)

AI技術が発展する中、GANと呼ばれる技術が注目を集め、実用化に向けた動きも加速している。一方でフェイク動画などに悪用される懸念もあり、悪用する側とそれを見破る側のいたちごっこも起きている。

[産経新聞]
産経新聞

 人工知能(AI)の技術が目覚ましく発展する中、2つのAIを競い合わせることで、より完成度の高い画像データなどを作りだす「敵対的生成ネットワーク(GAN)」と呼ばれる技術が近年注目を集め、実用化に向けた動きも加速している。ただ、本物と見分けがつかないほどの生成技術であるが故に、偽動画などに悪用される懸念も。技術の進歩で“リアル”と“フェイク”の境界がますます曖昧になろうとしている。(桑村大)

photo AIによって生成されたモデルが登場する「Who am Ai?」と題した本間ゴルフのWebサイト

Who am AI?

 ゴルフ用品メーカー「本間ゴルフ」(東京都港区)のWebサイト。トップページには「Who am AI?」と書かれ、クリックすると秋冬の最新デザイン約50種を着こなすモデルが次々と登場する。

 実はこのモデル、全員がこの世に存在しない架空の人物だ。AIが目や鼻、口元などを少しずつ変えながらCGで生み出している。

 Webサイトを手掛けたのは、2017年に立ち上がったばかりの京都大発のAIベンチャー企業、データグリッド(京都市左京区)。最新技術のGANを駆使し、1万人に及ぶ実在しないモデルを作り上げた。

 GANの仕組みはさほど複雑ではない。ジェネレーターと呼ばれるAIが“本物らしい”画像を作ると、ディスクリミネイターと呼ばれるもう一方のAIがその画像と実画像とを比べて真偽を判断。偽物だと見破った場合は、ジェネレーターがその原因を分析し、新たな画像を生成して再び対抗する。

photo

 2つのAIが「敵対的」に切磋琢磨することで、そのうち人間が見ても不自然に感じない、実物に近い画像が作られるようになる。データグリッドの岡田侑貴社長によると、同社ではGANを使って約1秒に1枚のペースで顔画像を生み出せるといい、「当初と比べて違和感のないほど完成度が高い画像が作れている」と自信をのぞかせる。

photo GANの実用化に向けた取り組みについて語るデータグリッドの岡田侑貴社長=京都市左京区の京都大(桑村大撮影)
       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.