ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2020年02月13日 07時00分 公開

物流業界で「置き配」技術競争激化 ロボットやドローン、AIなど活用 (2/2)

[ZAKZAK]
ZAKZAK
前のページへ 1|2       

 日本郵便がスタートアップ企業や神奈川県と協力のもと、お披露目したのが、ソフトロボット「Amoeba(アメーバ) GO−1」。生物の動きをヒントにあらゆる階段に適応が可能で、最大6キロの荷物を運ぶことができる。

 走行速度は時速1キロ以下だが、オートロックが設置された集合住宅を想定した実験では、複数の荷物を配達員から受け取り、自律走行で1階と2階へ宅配した。課題のセキュリティ面では、荷物を置いた玄関先をカメラで撮影し、受け取り人に送信する仕組みだ。

 日本郵便オペレーション改革部の五味儀裕部長は「宅配する上で最もコストがかかるのは再配達で、特に集合住宅や単身世帯をどのように対応するかで、将来図が大きく変わってくる」と話す。

 ネット大手アマゾンジャパンでは一部地域で、置き配を標準の配送方法とする実証実験を行っている。一方で、受け取りカウンターやロッカーなど自宅外で荷物を受け取れるサービス「Amazon Hub」も始めた。

 ヤマトホールディングスは、20年代前半の実用化を目指したドローンによる配送を米ヘリコプターメーカーと開発中だ。時速160キロ以上で飛行し、32キロの積載が可能だという。

 物流業界に詳しい東京ウィング社労士事務所の山田信孝氏は「賃金が低く、労働時間の長い宅配業には人が集まらない。平均年齢が高く、今後も労働者が集まらない状況であるため、ロボットや人工知能(AI)への先行投資をしているのだろう」と推察する。

 数年後には宅配のかたちが大きく変わっているかもしれない。

前のページへ 1|2       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.