ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年03月06日 07時00分 公開

5Gサービス、当面は限られたエリアのみ “フル機能”は2022年以降 (2/2)

[産経新聞]
産経新聞
前のページへ 1|2       

 通信エリアも一気に広げることは難しい。5Gに割り当てられた電波は4Gに比べ飛びにくく、細かく基地局を整備する必要があるからだ。しかも、初期段階では4Gの通信網に5Gの基地局をつないで作動させる方式で、低遅延などの5Gの性能が十分に発揮できない。

 このため5Gサービスは段階を踏んで進化していく見通し。当初の20〜21年は限られたエリアで高速通信ができる「エリア限定期」、21〜22年は「エリア拡大期」と見なされている。今夏にも4G電波の5Gへの転用が解禁されれば、4G基地局を5Gに置き換えることが可能になり「エリア拡大に弾みがつき、各社が基地局整備計画を前倒しする」と総務省幹部は指摘する。

 「フル機能活用期」は22年以降とされ、通信エリアも5G基地局だけで通信網を構築する方式への移行が進み、低遅延や多数同時接続など真の実力を打ち出せるようになる。これがスマホやVR端末を使った4Gの延長上のサービスから、5Gを本格的に活用するサービスに転換する節目となりそうだ。(万福博之)

前のページへ 1|2       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.