ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年03月11日 07時00分 公開

専門家会議、19日まではイベント自粛求める 対策の効果検証のため

政府の専門家会議は、新型コロナウイルス感染防止策の効果を検証するためのデータが集まる19日までは、大規模イベントの自粛が必要との認識を示した。

[産経新聞]
産経新聞

 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを巡り、政府の専門家会議(座長・脇田隆字国立感染症研究所長)は9日、感染拡大を巡る国内の状況について「依然として警戒を緩めることはできない」とする見解を発表した。記者会見で脇田氏は、大規模イベントの自粛など感染防止措置について「現時点では続けてもらいたい」とし、少なくとも、さまざまな対策の効果に関するデータが集まる19日頃までは自粛が必要との認識を示した。

 見解では「日本の状況は、爆発的な感染拡大には進んでおらず、一定程度、持ちこたえているのではないか」と指摘。ただ、感染者数は「当面、増加傾向が続く」と予測した。

 また、北海道が2月28日に発出した「緊急事態宣言」に基づき実施中の対策の効果を検証し、19日をめどに公表するとした。

 記者会見では「インフルエンザのように暖かくなると消えるウイルスではない。(対策は)数カ月から半年、年を越えて続けていかなければいけない」とも言及。見解では、感染抑制に成功しても「しばらくはいつ再流行してもおかしくない状況が続く」とした。

 さらに、これまで集団感染が確認された場所は(1)換気の悪い密閉空間(2)多くの人が密集(3)近距離での会話や発声が行われた――との3条件が重なっていたと分析し、こうした場所を避けるよう国民に呼びかけた。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.