ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年03月24日 07時00分 公開

「あの人が陽性らしい」――根拠なき感染デマ広がる 法的責任が問われる可能性も (1/2)

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、SNSでは「○○が陽性らしい」といった根拠のないデマが広がり、一部で影響が出ている。デマの拡散は名誉毀損や偽計業務妨害にあたる場合もあるなど、法的責任が問われる可能性もある。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大の終息が見通せない中、SNSなどで根拠のない「感染認定」が広がり、一部で影響が出ている。「〇〇の社員が感染したようだ」「最近出勤していないのはまさか……」。事実無根にもかかわらず、削除要請などの対応に追われる被害者の苦労は計り知れない。刑事罰や損害賠償請求の対象となる可能性があるのは明らかだが、なぜこうした投稿が出回るのだろうか。(杉侑里香、森西勇太)

photo

なぜかクルーズ船乗客に……

 「おたくの社長がウイルスをばらまいているんだろう」。2月末以降、静岡市清水区のねじ製造会社「興津螺旋(おきつらせん)」にこんな電話が寄せられた。

 心当たりのない内容。ただ同社担当者がSNSで社名を検索すると、理不尽な「筋書き」が見えてきた。

 静岡市が市内1例目となる60代男性の感染を公表したのは2月28日。男性はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していたという。

 その直後からSNSで騒ぎが起きていた。《興津螺旋の社長が感染したらしい》《社長はクルーズ船に乗っていたのでは》。投稿は瞬く間に拡散していた。

 だが興津螺旋の社長は47歳。クルーズ船にも乗っておらず、市の発表とは明らかな隔たりがある。なぜ社長が名指しされたのかは不明だが、どう考えてもデマだった。

 それでもうわさは広がる。事実を確認する複数の電話があった他、取引先からも問い合わせが相次いだ。

 対応に追われた興津螺旋は3月4日、Webサイトに「(感染者が)弊社関係者といううわさは事実無根です」とする文章を掲載。誤情報を投稿・拡散した人には削除を求めた。

 同社によると、現時点で削除依頼を拒否されるケースはなく、デマの広がりは収まりつつある。ただ依頼に応じてもらえない場合は、「法的措置も検討したい」(担当者)という。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.