ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年06月24日 07時00分 公開

ドローン駆使、花火大会もオンラインが花火師と観客つなぐ (1/2)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で花火大会の中止が相次ぐ中、徳島市の団体が「オンライン花火大会」を提案している。全国の花火師から集めた花火を打ち上げてドローンなどで撮影し、映像をYouTubeに投稿。花火の新しい見せ方を探る。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で花火大会の中止が相次ぐ中、徳島市の団体が「オンライン花火大会」という新しいスタイルの花火大会を提案している。密集、密接を避けるため、観客を入れずに実施する方法で、6月上旬には感染の収束を願い、全国の花火師から集めた花火を香川県内で打ち上げた。撮影した映像をYouTubeで公開する。

photo 国営讃岐まんのう公園で打ち上げられた花火(一般社団法人「SMASH ACTION」提供)

花火業者15社が参加

 2019年秋に徳島県内で開催された「にし阿波の花火」の実行委員会のメンバーが中心になり結成した一般社団法人「SMASH ACTION」(徳島市)が、隅田川花火大会、なにわ淀川花火大会といった有名な花火大会の中止が発表される中、新しい見せ方を探ろうと企画した。

 同法人の藤川修誌理事長は「花火の可能性を広げていくことが、花火の文化を守ることにつながる」と力を込める。それだけではなく「見る人に勇気と希望を、医療現場で働く人に感謝とエールを届けたい」といった思いも込めた。

 「花火のチカラ〜世界にとどけ!希望の光〜」と題した6月上旬の花火大会には、花火業者15社が参加。各社が製造した5号玉7発ずつを1社30秒以内の持ち時間に打ち上げる形式で行った。

photo 国営讃岐まんのう公園で打ち上げられた花火(一般社団法人「SMASH ACTION」提供)

 密集、密接を避けるため、打ち上げの日程は公表せず、無観客で実施。各社の花火を1社が代わりに打ち上げた。約2500発を使った迫力ある「スターマイン」も披露。カメラとドローンを用い、地上と空からの映像を撮影した。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.