ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年07月03日 07時00分 公開

「コナミを爆破」と脅迫、「ゲーム不具合に立腹」男子高校生を逮捕 警視庁

コナミデジタルエンタテインメントに対し爆破予告をしたなどとして、警視庁築地署は、威力業務妨害と脅迫容疑で東京都の高校生を逮捕した。調べに対し「通信を切断されると負ける不具合が解消されず、腹が立ってやった」などと供述している。

[産経新聞]
産経新聞

 人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン」シリーズを手掛けるゲーム制作大手「コナミデジタルエンタテインメント」(東京都中央区)に対し、爆破予告をしたなどとして、警視庁築地署は1日、威力業務妨害と脅迫容疑で、東京都世田谷区に住む高校2年の男子生徒(16)を逮捕した。調べに容疑を認めている。

photo 警視庁外観=東京都千代田区

 築地署によると、男子生徒はスマートフォン向けゲームアプリ「ウイニングイレブン2020」をプレイしており、「通信を切断されると負ける不具合が解消されず、腹が立ってやった」などと供述している。

 逮捕容疑は6月16日から18日までの間、ゲームアプリを扱うオンラインストアのレビュー欄に、「7月8日にコナミ本社を爆破する」「コナミで働く人々を殺す」などと計3回にわたって投稿し、脅迫したなどとしている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.