ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年09月24日 07時00分 公開

河野行革相「はんこ、すぐになくしたい」 デジタル閣僚会議で発言

河野太郎行政改革担当相がデジタル改革閣僚会議の初会合で「本人確認のためでなく、はんこを推した事実だけが必要な場合、はんこをすぐにでもなくしたい」と述べ、決済などにはんこを使う慣行を改めることに意欲を示した。

[産経新聞]
産経新聞

 河野太郎行政改革担当相は23日午前に開かれたデジタル改革閣僚会議の初会合で「はんこをすぐなくしたい」と述べ、決済などにはんこを使う慣行を改めることに意欲を示した。平井卓也デジタル改革相も賛同した。会合終了後、平井氏が記者団に明らかにした。

photo デジタル改革関係閣僚会議の初会合で発言する菅義偉首相(奥列手前から2人目)=23日午前、首相官邸(春名中撮影)

 平井氏によると、河野氏は会合で「ちゃんとした本人確認のためではなく、ただはんこを押したという事実だけが必要なケースの場合、すぐにでもなくしてしまいたい」と述べたという。

 はんこを巡っては、新型コロナウイルス感染拡大による在宅勤務普及などで印鑑業界に影響が出ていることに関し、竹本直一前IT・科学技術担当相が6月に「はんこ文化と効率化は調和できる」と述べていた。竹本氏は5月まで自民党の「日本の印章制度・文化を守る議員連盟」(はんこ議連)会長職を務めていた。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.