ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年10月14日 07時00分 公開

「Go Toトラベル」で割引上限引き下げ、利用回数制限相次ぐ 予算枠追加検討も

政府の観光支援事業「Go To トラベル」の宿泊割引を巡り、割引上限額の引き下げや利用回数の制限を掛ける予約サイトが相次いでいる。東京発着旅行がの追加で割引の予算が上限に迫っており、利用者は予約サイト選びに注意が必要になる。

[ZAKZAK]
ZAKZAK

 政府の観光支援事業「Go To トラベル」の宿泊割引で、上限額を国が設定した1万4000円から3500円に引き下げたり、利用回数を制限したりする大手旅行会社が相次いでいる。観光庁は予算枠を追加する方向で、割引が元に戻る可能性もある。一方で同庁は中小事業者への配分を手厚くするとしており、予約する旅行会社選びに注意が必要だ。

 Go To トラベルを巡っては、東京発着旅行が追加された10月以降に予約が急増、大手各社は予算枠の上限に迫り、じゃらん、ヤフートラベルは割引の上限額を3500円に引き下げた。航空券などがセットになったパック旅行の上限は引き続き1万4000円。楽天トラベルは上限はないが、会員1人につき1回の利用に限定。dトラベルは割引商品販売を当面中止した。

 加藤勝信官房長官は12日の記者会見で「観光庁において今後の対応を検討している」と述べた。

 観光庁は近く予算枠を追加する方向で、上限や回数制限が見直される可能性もある。

 また、JTB、日本旅行など条件を変えていない会社もある他、観光庁は、大手集中を避けるため中小事業者を重視する方向だ。条件を変更していない事業者から予約するのも手だ。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.