ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年12月25日 07時00分 公開

マンホールの素材開発技術を応用 新素材「アシウム」、半導体製造装置への活用見込む

工作機械大手の牧野フライス製作所が、アルミ鋳造の田島軽金属、マンホール製造の日之出水道機器などと共同で、新素材「アシウム」を開発したと発表した。工作機械に必要な剛性を確保しながらも軽量で、半導体製造装置への活用を見込んでいる。

[産経新聞]
産経新聞

 工作機械大手の牧野フライス製作所は24日、アルミ鋳造の田島軽金属(埼玉県羽生市)、マンホール製造の日之出水道機器(福岡市博多区)などと共同で、従来の鋳物に代わる新素材の高剛性アルミ鋳造合金「アシウム」を開発したと発表した。日之出水道機器が長年培ったマンホールの素材開発技術と田島軽金属の鋳造技術とを融合させた。工作機械で必要な金属の剛性を確保するとともに、同じ大きさで比較した場合、従来の鋳物よりも重さを約3分の1にまで減らした。

photo 工作機械大手の牧野フライス製作所などが開発した新素材「アシウム」(右)と従来のねずみ鋳鉄。重さが格段に違う=24日、東京都目黒区(同社提供)

 牧野フライス工業は、今後発売するマシニングセンター(切削機械)の主軸や加工台などの稼働する部品にこの素材を順次取り入れ、省エネルギー性能を向上させる。

 工作機械には以前から「ねずみ鋳鉄」と呼ばれる鋳物が使われてきたが、主軸が回転すると機械ごと揺れるため、加工精度に影響を及ぼしていた。アシウムの採用で主軸の回転が滑らかになる上、主軸を動かすモーターも小型化できるようになった。これにより主軸の加減速時の消費電力が約45%減らせるという。

 開発に携わった日之出水道機器の持ち株会社、ヒノデホールディングス(福岡市博多区)の木塚勝典常務執行役員は「半導体製造装置などにも活用が見込める」と話した。田島軽金属の田島正明社長も「日本の鋳造技術の新たな核、目玉として世界に発信したい」と意気込みを見せた。

 自動車の内燃機関や鉄道車両の連結器、車輪の歯車にも鋳物が使われているが、牧野フライス製作所の井上真一社長は「高速移動体にも適用できる可能性を秘めている」と、この新素材が幅広い産業分野で新たな技術革新をもたらすとの期待感を示した。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.