ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年01月19日 09時00分 公開

コロナ禍のバレンタイン商戦 百貨店苦肉の策、各社がオンライン通販に注力

バレンタイン商戦がコロナ禍のもとで幕を開けた。各社力を入れているのがオンライン通販だ。非接触時代を応援するため、箱にメッセージを書いてそのま郵送できる「ニューノーマルショコラ」など、苦肉の策の新機軸が打ち出されている。

[産経新聞]
産経新聞

 2月14日にチョコレートを贈るわが国独特の習慣。この時期にしか買えない限定品や新作が売り場を賑わせるバレンタイン商戦が、コロナ禍のもとで幕を開けた。例年華やかな試食会を開いていた百貨店も2021年は控えめ。各社力を入れているのがオンライン通販で、店頭試食自粛の代替案、1粒単位の“お試し”販売が完売間近など絶好調だ。海外有名ショコラティエの来日がかなわぬなか、逆に日本の生産者を発掘する動きもあり、苦肉の策の新機軸が打ち出されている。(重松明子)

photo

 高島屋の東京都心店舗(日本橋店、新宿店)で、20年までは1店舗あたり6万〜8万人の来場があった「アムール・デュ・ショコラ」。例年、女性ブロガーらインフルエンサーを招いた試食会が豪華に開かれていたが、21年は日本橋店近くの本社ビルでひっそりと報道向けの内覧のみが行われた。

 感染対策の「ディスタンス」でガランとしてみえる会場。しかし、チョコレート自体は海外ブランドの新作など例年通りの華やかさ。それらを独り無言で試食させてもらった。甘くてビター、果実の酸味やスパイシーな辛みなど……。味も食感も多彩で食べ飽きない。

photo 気になる味を1粒ずつ購入できる、高島屋オンライン限定の「お試しショコラ」。早くもほぼ完売の人気だ(重松明子撮影)

 27日からの店舗催事に先立ち、6日に始まった通販では、気になる味を1粒ずつ購入できる「お試しショコラ オンライン」(30ブランド、1粒216円〜540円)が絶好調。13日時点で約2万個が売れてほぼ完売だ。通販全体も前年比3倍ペースの売れ行きという。箱にメッセージを書いてそのま郵送できる商品など、非接触時代を応援する「ニューノーマルショコラ」も多数そろえた。

photo 高島屋では、箱のまま郵送できるチョコレート(左下)など、非接触時代を応援する「ニューノーマルショコラ」を提案している(重松明子撮影)

 「コロナが長引く事態を想定し、昨春から準備を進めてきた」と、高島屋食料品部の古川泰照課長(45)。「近年は自分のために購入する女性が約6割。旅行できないお金を食に使いたいとの意識も目立つ。実店舗での気恥ずかしさもないので、男性もぜひ通販利用を」と期待している。

 松屋銀座もバレンタイン商戦初のオンライン販売を4日にスタート(店舗は2月3日〜)。中でも、海外勢に埋もれがちな日本の「ご当地ショコラ」が目を引く。

 その一つ、5年前に東京から移住し北限のカカオ栽培に挑戦している沖縄県大宜味村「オキナワカカオ」の川合径さん(43)は、百貨店催事に初進出。地元特産の新ショウガや月桃(げっとう)を使ったショコラを出品している。「カカオを通じて、持続可能な地域の可能性を広げたい。コロナの影響は沖縄全体が受けているが、新たな販路を作ることで、売り上げも上向いてきた」と意気込んでいる。

 松屋銀座では、21年正月向けのおせちが前年比142%とよく売れた。「要因はステイホーム需要の取り込み。バレンタインも『おうちで楽しむ』を提案します」と広報担当。カカオ豆を煎って砕いて……、4〜5時間かけて作るキット(2200円)など、家族で時間を共有できる商品を用意した。

 世界最高峰といわれるパリの祭典「サロン・デュ・ショコラ」は本国では開催中止となったが、日本では開かれる。主催は三越伊勢丹。19回目の21年は、会場が大型ビルから伊勢丹新宿店に移った。面積は3分の1に縮小するものの会期延長で120ブランド規模を維持。1月20〜25日と同27日〜2月3日の2部構成とした。

 20年は60人も来日したショコラティエには会えないが、オンライン公式サイトでメッセージ動画を公開中。「世界のショコラティエの思いを感じて頂き、未来につながる祭典にしたい」と広報担当。準備にあたっては日本からの出張もかなわず、試作品の取り寄せとリモート会議を重ねて実現にこぎつけた。

 21年の2月14日は日曜。在宅勤務の浸透で、義理チョコの激減は必至だ。代わりに今本当に大変な人たち、エッセンシャルワーカーに贈ってはどうだろう。「女性からの愛の告白」なんて、とっくに有名無実化している。コロナ禍は、バレンタインデーの在り方を見直す機会でもある。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.