ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年02月02日 10時00分 公開

格安スマホ、低容量で対抗プラン続々も、忍び寄る大手の触手

MVNOの料金値下げが相次いでいる。携帯大手が小容量帯でもMVNOと同水準の割安プランで触手を伸ばしているからだ。MVNO関係者は「大手が矢継ぎ早に新プランを出してきて、対抗策のタイミングがどんどん前倒しになっている」と表情を曇らせる。

[産経新聞]
産経新聞

 格安スマートフォン事業を手掛ける仮想移動体通信事業者(MVNO)の料金値下げが相次いでいる。携帯大手がデータ容量20GBのオンライン専用プランを新たに立ち上げた他、MVNOが得意とする10GB以下の小容量帯でもMVNOと同水準の割安プランで触手を伸ばしているからだ。MVNOは対抗する構えを崩さないが、資本で太刀打ちできない実情に悲鳴が上がっている。

 「mineo」を展開する関西電力傘下のオプテージは27日、2月から月額料金を1GBで1180円、5GBで1380円、10GBで1780円、20GBで1980円に改定すると発表。翌28日には、KDDI(au)傘下でケーブルテレビ最大手のジュピターテレコム(J:COM、東京都千代田区)が1GBで月額980円、5GBで同1480円、10GBで同1980円、20GBで同2480円の新プランの同月からの投入を打ち出した。

 J:COMは自社の動画配信サービスのデータ通信をカウントしないサービスで差別化を図っている。

 MVNOの値下げが続くのは、政府の要請を受け携帯大手が20GB以下の小中容量帯の値下げを相次いで打ち出しているからだ。MVNO各社に衝撃を与えたのが1月にKDDIが発表した格安ブランド「UQモバイル」の新プラン。3〜25GBの3つのプランのうち、3GBで月額1480円のプランはMVNOと同水準だ。楽天も4月から導入する新料金プランで、1GB未満を無料にするなど、MVNOでは太刀打ちできない価格を打ち出した。NTTドコモの小容量帯の新プランの発表も控えている。

 MVNOのシェア2位のインターネットイニシアティブ(IIJ)は近く新プランを発表する見通しで、MVNOの競争は激しさを増している。MVNOの関係者は「大手が矢継ぎ早に新プランを出してきて、対抗策のタイミングがどんどん前倒しになっている」と表情を曇らせる。

 MVNO各社が加盟する業界団体は18日、総務省に対し「公平な競争ができない」として、大手から回線などを調達するコストを引き下げる緊急措置を求めた。武田良太総務相は29日の閣議後会見で「MVNOには価格面での競争に加えて、特色のあるサービスを提供し、競争の軸として、大いに活躍いただきたい」と述べたが、600以上あるMVNO事業者の淘汰(とうた)が進みそうだ。(経済本部 高木克聡)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.