ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年02月12日 10時00分 公開

自衛隊初の5G基地 ドローン、無人車両で省人化 実証実験へ

防衛省が5Gを活用した自衛隊基地のスマート化に着手する。2021年度から実証実験を始める。5Gの特性を生かした小型無人機(ドローン)や陸上無人車両(UGV)などの導入を想定しており、無人化・省人化に向けた取り組みを強化する。

[産経新聞]
産経新聞

 防衛省は第5世代(5G)移動通信システムを活用した自衛隊基地のスマート化に着手する。2021年度から2年間をかけて航空自衛隊千歳基地(北海道千歳市)に5Gネットワークを敷設し、基地警備や補給を効率化するための実証実験を行う。5Gの特性を生かした小型無人機(ドローン)や陸上無人車両(UGV)などの導入を想定しており、無人化・省人化に向けた取り組みを強化する。

photo 防衛省

 防衛省によると、自衛隊の基地に5Gネットワークを敷くのは初めてで、21年度予算案に4億円を計上した。ドローンやUGVに加えて、隊員の身体などに装着できる「ウェアラブルカメラ」の導入も検討している他、補給についても5Gを活用し、燃料交換などの自動化を図る。

 5Gは高速・大容量通信だけでなく、データ送信時に発生するタイムラグが小さい「低遅延」や「多数同時接続」といった特徴を持っており、ドローンやUGVの効率的な運用が期待できるという。

 防衛省は次期主力戦闘機の開発に関連し、随伴する無人機の開発を進めている他、水中無人機(UUV)の研究開発に取り組むなど、無人化・省人化を推し進めている。

 背景には少子化の影響などで人材の確保が難しくなっていることもあるが、中国などはAI(人工知能)を使った無人兵器の開発を進めており、防衛省幹部は「これからは無人化、省人化、AIの時代だ」と話す。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.