ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年03月09日 07時00分 公開

携帯電話の格安プラン、一番お得なのはどこ? 「ahamo」がリード 楽天は2台目以降の選択肢

携帯電話会社の新料金プランが出そろいつつある。菅義偉首相の意向を受けた形で大幅に値下げされたが、最も賢くプランを選ぶにはどうすればいいのか。現時点では2700円に値下げしたドコモの「ahamo」が一歩リードしている。

[ZAKZAK]
ZAKZAK

 新生活のスタートを前に、携帯電話会社の新料金プランが出そろいつつある。菅義偉首相の意向を受けた形で大幅に値下げされたが、最も賢くプランを選ぶにはどうすればいいのか。乗り換えの際の注意点とともに専門家に聞いた。

photo

 NTTドコモは1日、データ容量20GB(GB)で月2980円(税別、以下同)としていた新プラン「ahamo」の料金を2700円に引き下げると発表した。1回5分以内の無料通話は継続する。オンライン限定で受け付け、26日からサービスを開始する。

 au(KDDI)が発表した「povo」(23日サービス開始)と17日からサービスが開始されるソフトバンクの「LINEMO」は、いずれも20GBの新プランを2480円としており、月額500円を追加して1回5分以内の国内通話が可能だ。またLINEMOは1年間、5分以内の通話オプションを500円割引にする。

 独自色を強めるのが楽天モバイルで、20GBまでは1980円、1GBまでの利用なら0円というプランを発表した。専用アプリを使用すれば国内通話も無料だ。1日には回線契約者数が300万件に達する見込みだと発表した。

photo ドコモ(写真)、au、ソフトバンク、楽天はそれぞれ割安プランを打ち出した

 現時点で有利なのはどこか。ITジャーナリストの三上洋氏は、価格に加え、新プランの加入者以外の家族も家族向け割引の適用になるため、ahamoが一歩リードとみる。また、楽天は設定価格が安いことから「2台目以降なら非常によい選択肢」と評価する。

 乗り換えの際の注意点もある。「大手3社の新プランは申し込みがオンラインに限られるため、スマホの設定を自らできる人、もしくは設定を家族や友人に頼むことができる人でないと難しい。また、新プランではキャリアメールが使用できないことにも注意が必要だ」と三上氏。

 また、データ通信を月に20GBも使わないという人にとっては、それほど恩恵を受けられるわけではなさそうだ。

 前出の三上氏はこうアドバイスした。「従来のプランも以前よりは安くなっている。新プラン契約のハードルが高いと感じる人は従来プランを利用するのが無難かもしれない。また、大手3社以外の格安スマホも十分な選択肢といえるため、自宅の近くに窓口があるのであれば利用してもいいのでは」

 日々どのような利用をしているかでプランの選択は大きく変わりそうだ。

photo au

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.