ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年03月10日 09時00分 公開

パナソニック、米ソフトウェア大手買収へ協議

パナソニックが製造業の米Blue Yonderの買収に向け、米投資ファンドと協議していることが分かった。買収による完全子会社化を目指し、センサーなどの自社製品とBlue Yonderのソフトウェアを組み合わせて事業の拡大を狙う。

[産経新聞]
産経新聞

 パナソニックが製造業の供給網(サプライチェーン)効率化を手掛ける米ソフトウェア大手、Blue Yonderの買収に向け、米投資ファンドと協議していることが8日、分かった。投資額は、2011年に約8000億円で旧・三洋電機とパナソニック電工を完全子会社化して以来の規模になる可能性がある。

 Blue Yonderは1985年に米国で創業したソフトウェア会社で、人工知能(AI)で製造企業の製品の需要や納期を予測し、サプライチェーンを効率的に管理・運営するビジネスを展開。米Walmart、Coca-Colaなど世界で約3300社の顧客を持つ。

 パナソニックは2020年5月以降、Blue Yonderの株式20%を約860億円で取得して提携を強化している。11月にはノートPCを製造する神戸工場に、Blue Yonderのソフトウェアを導入した。

 買収による完全子会社化を目指し、センサーなどの自社製品とBlue Yonderのソフトウェアを組み合わせて展開することで事業の拡大を狙う。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.