ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年03月17日 07時00分 公開

京アニ事件でNHK関与のような虚偽情報 サイト運営者に賠償命令

京都アニメーションの放火殺人事件を巡り、NHKが事件に関与したかのような記事を載せたとして、NHKがサイト運営者に損害賠償などを求めた裁判で、裁判長は記事がNHKの社会的評価を低下させたと認め、運営者に約360万円を支払うよう命じた。

[産経新聞]
産経新聞

 京都アニメーションの放火殺人事件を巡り、インターネット上の情報をまとめたサイトにNHKが事件に関与したかのような虚偽の記事を載せたとして、NHKがサイト運営者に損害賠償などを求めた訴訟の判決が16日、東京地裁であった。古田孝夫裁判長は記事がNHKの社会的評価を低下させたと認め、運営者に約360万円を支払うよう命じた。

photo 東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

 判決などによると、運営者は放火事件直後の2019年7月、軍手をはめた人物の画像とともに、NHKディレクターの実名や「警察よりも早く、事件の犯人の遺留品を回収するNHK取材クルー」などの文言を添えた記事をまとめサイトに掲載。同年12月にサイトから削除し、謝罪文を公表した。

 古田裁判長は、記事について「(ディレクターらが)放火事件に関与した上、証拠隠滅行為に及んだとの印象を与える」と指摘。NHK側の社会的評価を低下させたと判断した。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.