ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年03月17日 07時00分 公開

Twitter利用者は心の健康度が低い? LINEは満足感が高い傾向

コミュニケーションや情報収集の手段として便利なSNSだが、LINEの利用者は「心の健康度」が高い傾向にあるのに対し、Twitterの利用者は低い傾向にあるという研究結果が発表された。

[ZAKZAK]
ZAKZAK

 コミュニケーションや情報収集の手段として便利なSNSだが、通信アプリ「LINE」の利用者は「心の健康度」が高い傾向にあるのに対し、短文投稿サイト「Twitter」の利用者は低い傾向にあるという研究結果が発表された。

 独立行政法人東京都健康長寿医療センター研究所の研究グループは東京都内在住者2万1300人を対象に、LINE、Twitterの他、交流サイトのFacebook、写真共有アプリのInstagramについて、使用頻度と精神的健康との関連を分析した。

 その結果、18〜39歳の「若年者」でInstagramを定期的に閲覧している人や、40〜64歳の「中年者」でLINEの定期的な発信を行う人ほど、悩みや抑鬱状態の傾向が低い特徴があった。これに対し、いずれの年代でもTwitterの定期利用者は悩みや抑鬱状態の傾向が高い特徴があったという。

 65歳以上の高齢者の場合、LINEの定期利用者には精神的な満足感や幸福感が高い傾向がみられ、Twitterの定期発信者には孤立感を感じている傾向が高い特徴がみられたという。

 この結果についてITジャーナリストの三上洋氏は、「Twitterは他のSNSに比べて匿名性が強く、お茶の間でテレビを見るような手軽さで投稿できる。ネガティブな投稿もできる匿名発信を好むユーザーが比較的多いのではないか」との見解を示す。

 同研究所の桜井良太氏は、「LINEやFacebookに多い知人同士のコミュニケーションや、Instagramに多い肯定的なやりとりは精神的健康の維持に役立つ可能性が示された。Twitterは情報収集に有用な側面もあるが、匿名で自由度の高い投稿がはらむ危険性もみえてきた。今後の研究でTwitterの良い側面や他のSNSの悪い側面が出てくる可能性もあるが、バランスの取れた利用が重要ではないか」と語った。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.