ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年04月06日 07時00分 公開

木村花さん侮辱容疑で30代男を書類送検 警視庁、立件2人目

フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー、木村花さんがSNSで誹謗中傷を受けた後に死去した問題で、警視庁はTwitterで悪質な中傷を繰り返したとして、福井県に住む30代男を侮辱容疑で書類送検した。

[産経新聞]
産経新聞

 フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー、木村花さん=当時(22)=が2020年5月、会員制交流サイト(SNS)で誹謗(ひぼう)中傷を受けた後に死去した問題で、警視庁は5日、Twitterで悪質な中傷を繰り返したとして、侮辱容疑で、福井県に住む30代男を書類送検した。立件は2人目。

 捜査1課によると、男は20年4月8日、木村さんのTwitterに「死ねや、くそが」「きもい」などと4回にわたって書き込み、公然と侮辱したとしている。

 警視庁は遺族からの相談を受けて捜査。侮辱罪の公訴時効(1年)が迫る中、Twitter社に照会するなどして、投稿者の特定を進め、男の関与が浮上した。警視庁の任意の調べに、男は「誹謗中傷が多く投稿されているのを見て、自分も投稿した」などと容疑を認めている。

 捜査1課は、20年3月〜5月に木村さんに対する誹謗中傷の書き込みは約200アカウント、約300件に上ったと確認。このうち悪質性が高いものが約30件あると判断し、大阪府の20代の男を20年12月に侮辱容疑で書類送検していた。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.