ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年05月06日 07時00分 公開

屋外でもコロナ感染リスク、スパコン「富岳」飛沫シミュレーション 

屋外でも室内と同様の新型コロナウイルス感染リスクがある。理研などの研究チームが、スパコン「富岳」を使ったシミュレーションで、こんな結果を明らかにした。

[産経新聞]
産経新聞

 屋外でも室内と同様の新型コロナウイルス感染リスクがある──。理化学研究所などの研究チームが、スーパーコンピュータ「富岳」で行ったシミュレーションでは、こうした結果が明らかになっている。

photo 理化学研究所と富士通が共同開発したスーパーコンピューター「富岳」=神戸市の理研計算科学研究センター(渡辺恭晃撮影)

 チームは、テーブルを10人で囲み、マスクなしで会話する場面を想定し、どれくらい飛沫(ひまつ)が飛ぶのか調べた。

 30秒間の会話で約1万個の飛沫が発生。無風状態では向かい合う形で1m先にいる3人に飛沫が届き、特に正面にいる人は飛沫全体の約1割を浴びた。

 一方、毎秒0.5〜1mの微風が吹いている場合、飛沫はより広範囲に広がった。人の間隔が1mだった場合、正面や風下にいる最大6人が飛沫を浴びる結果となり、無風状態よりも感染リスクが高くなることが示された。

 シミュレーションをまとめた理研の坪倉誠チームリーダーは「屋外は安全だと考えている人が多いが、室内と比較して感染リスクを下げるわけではない」と強調。屋外では風の影響でより広範囲に飛沫が拡散することから「(その場にいる)すべての人の感染リスクが高くなる」と指摘した。(小川恵理子)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.