ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年05月07日 07時00分 公開

米NY Times、読者3割増 デジタル版が牽引

米新聞大手New York Timesが、2021年3月末時点の有料契約者数が781万6000人となり、1年前から33.8%増えたと発表。紙媒体の契約者が1万5000件減ったのに対し、デジタル版の契約者が199万人増えて全体を押し上げた。

[産経新聞]
産経新聞

 【ニューヨーク=平田雄介】米新聞大手New York Timesは5日、デジタル版と紙媒体を合わせた2021年3月末時点の有料契約者数が781万6000人となり、1年前から33.8%増えたと発表した。紙媒体が1万5000件減ったのに対し、デジタル版が199万件増えて全体を押し上げた。

 3月末時点のデジタル版の有料契約者数は699万1千人で1年前より39.8%増えた。紙媒体は82万5千人で1.8%減った。

 21年1〜3月の売上高は4億7304万ドル(約515億円、前年同期比6.6%増)、純利益は4110万ドル(同25.1%増)だった。デジタル版の購読料と広告の収入が、紙媒体の落ち込みを上回った。

 レビアンCEOは「英字ニュースの市場には1億人の読者がいるとみられ、有料契約を長期的に拡大できると確信している」と述べた。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.