ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年05月10日 07時00分 公開

任天堂、Switchのダウンロード戦略奏功 ソニー・プレステとの戦いは

 任天堂が6日発表した令和3年3月期連結決算は最終利益が前期比85.7%増の4803億円と過去最高を更新した。新型コロナウイルス感染拡大による巣ごもり需要で、主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売が好調。関連ソフトも売り上げを伸ばした。売上高は34.4%増の1兆7589億円。これまでの最高益は平成21年3月期の2790億円だった。

[産経新聞]
産経新聞

 任天堂が6日発表した2021年3月期連結決算は純利益が4803億円(前期比85.7%増)と過去最高を更新した。新型コロナウイルス感染拡大による巣ごもり需要で、主力ゲーム機「Nintendo Switch」の販売が好調。関連ソフトも売り上げを伸ばした。売上高は1兆7589億円(同34.4%増)。これまでの最高益は09年3月期の2790億円だった。

 Switchの販売台数は2883万台(前期比37.1%増)と過去最高。20年春発売したソフト「あつまれ どうぶつの森」は累計販売本数が3263万本に達した。

photo

 発売から4年、Switchの勢いが止まらない。業績予想を上回った決算の原動力となった。一方で、ヒット商品に業績を左右される業界の事業構造を改めて示したといえる。ゲーム機、ソフトをいかに息長く売るか、各社は知恵を絞る。

 「(Switchの)ライフサイクルを長期化させる基盤は整った」

 任天堂の古川俊太郎社長は、スイッチの持続的な販売に自信を示した。人気を維持する仕掛けとして力を入れるのが、ソフトのダウンロード販売だ。店頭で手に入りにくい新作、過去の名作も取りそろえているのが強み。ダウンロード販売は3441億円(前期比68.5%増)とソフト売上高全体の4割を占めた。

 一方、他社はインターネットを通じて好きなソフトが利用し放題の定額制サービスに注力する。「プレイステーション 5」が主力のソニーは400超のタイトルを利用できる定額サービスを提供。「Xbox Series X」などで利用できる米Microsoftの定額サービスでは一部のソフトは発売日から楽しめる。

 任天堂は定額制サービスは一部に限定。古川社長は「ソフトの販売形式はゲームの内容と顧客の相性を考慮して決める」と、今後、柔軟に販売方法を検討する考えを示す。

 みずほ銀行産業調査部の斉藤昌幸調査役は「業績を安定させるため、有料の追加コンテンツや定額サービスで発売後も長く遊ばれるゲームづくりが求められている」と指摘している。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.