ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年05月17日 00時25分 公開

納税用QRコードを誤掲載 大阪・泉南市 自動車会社向け決済に

大阪府泉南市が、市民に送付したチラシに掲載していた軽自動車税などを納税するためのQRコードが誤っていたと発表。このQRコードを使って納税すると、兵庫県の自動車販売・修理業者に対して決済が行われるという。

[産経新聞]
産経新聞

 大阪府泉南市は13日、2021年度の税金や公共料金の支払通知書に同封したチラシに、メッセージアプリ「LINE」のキャッシュレス決済「LINE Pay」で納付できるよう掲載したQRコードが誤っていたと発表した。このQRコードを使うと、兵庫県内の自動車販売・修理業者に対して決済が行われるため注意を呼び掛けている。

 市税務課によると、チラシの印刷を請け負った市内の業者がQRコードを取り違えた。チラシは固定資産税、軽自動車税、介護保険料などの納付方法を記載したもので、4月5〜30日に発送。5月12日午前、誤ったQRコードで軽自動車税を納付した市民から問い合わせがあり、ミスが判明した。

 市は、誤ったチラシを送付した延べ約3万7200件に「読み込まないでください」と呼び掛ける通知を送付。すでにQRコードを読み込んで決済した場合は市に連絡するよう求めている。

 竹中勇人市長は「印刷段階でのチェックができていなかった。大変ご迷惑をおかけし、おわび申し上げる」などとコメントした。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.