ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年05月19日 07時00分 公開

遠隔操作で月面に構築物 鹿島とJAXAが国内施設で実験

鹿島とJAXAが、地上からの遠隔操作で月面に構築物を建設することを想定した実験に成功したと発表。JAXAは月面に拠点を建設することを目指しており、こうした計画の実現に向けた実験という。

[産経新聞]
産経新聞

 鹿島と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日、地上からの遠隔操作で月面に構築物を建設することを想定した実験に成功したと発表した。鹿島などによると、地上から月に指示を送信する際、通信に3〜8秒程度の遅れが生じるといい、実験では人為的に通信遅延をシステムに読み込ませた環境で機械を操作した。

photo JAXAの種子島宇宙センター(鹿児島県)にある建設現場の重機を遠隔操作するJAXAの職員=3月、神奈川県相模原市(鹿島提供)

 実験は2021年3月、JAXAの種子島宇宙センター(鹿児島県)の敷地内にある道路建設現場と、JAXAの相模原キャンパス(神奈川県)を公衆電話回線でつないで行われた。JAXAは月面に水素ステーションなどの拠点を建設することを目指しているが、月面に人を送り込まずに工事ができれば、こうした構想の実現に一歩近づく。

 実験は、月面に運ばれた建設機械を建設予定地まで遠隔操作で移動させ、自動運転機能を活用して作業を計画通り進める想定で行われた。地上と月との通信遅延で機械同士が衝突するなどの事態を避ける必要があり、実験では相模原キャンパスにいるJAXAの職員が、種子島宇宙センター内の建設現場が映し出されたモニターを見ながら慎重に機械の操作を行った。

 鹿島の幹部は「限られた通信容量でも遠隔操作などができると分かった。今後は海外などより遠い場所との間でも操作が行えるよう検証を続けたい」と話している。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.