ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年06月18日 07時00分 公開

中国が飛行士3人打ち上げ 独自宇宙ステーション建設加速へ

中国は17日午前9時22分(現地時間)、北西部にある酒泉衛星発射センターで、国産運搬ロケット「長征2号F遥12」を使用して有人宇宙船「神舟12号」を打ち上げた。搭乗した宇宙飛行士3人は、中国が建設を進めている独自の宇宙ステーションに3カ月間滞在する。

[産経新聞]
産経新聞

 【北京=三塚聖平】中国は17日午前9時22分(現地時間)、北西部にある酒泉衛星発射センターで、国産運搬ロケット「長征2号F遥12」を使用して有人宇宙船「神舟12号」を打ち上げた。搭乗した宇宙飛行士3人は、中国が建設を進めている独自の宇宙ステーションに3カ月間滞在する。

 中国共産党創立100年を7月に控える中、習近平指導部は国威発揚につなげる考えだ。

 中国は、独自の宇宙ステーション「天宮」を2022年前後に完成させる計画。4月に宇宙ステーションの中核施設「天和」を打ち上げ、5月には無人宇宙貨物船「天舟2号」とドッキングに成功した。神舟12号は、地球周回軌道で天和とのドッキングを行う。

 飛行士3人は人民解放軍所属の40〜50代の男性。

 習指導部は「宇宙強国」を目標に掲げ、自国主導の宇宙開発を積極化させている。日本や米国など15カ国が参加する国際宇宙ステーション(ISS)は老朽化が進むが、中国はISSに参加しておらず、独自の宇宙ステーションを武器に宇宙分野で国際的な存在感を示す考えとみられる。

 ハイテク分野をめぐり米国との対立の長期化が見込まれる中で、宇宙開発でも対抗姿勢を見せている。

 ただ、中国の宇宙開発を巡っては、5月上旬に大型ロケット「長征5号B」の残骸が大気圏に再突入しインド洋に落下。米航空宇宙局(NASA)が、中国の安全対策や情報の透明性について「責任ある基準を満たしていないのは明らかだ」と批判している。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.