ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年07月06日 07時00分 公開

官民ファンドJIC 半導体サプライ確立、投資で支援

JICの横尾敬介社長CEOが、政府が半導体など電子部品のサプライチェーン対策の強化を打ち出していることについて、経産省などと連携して対応する考えを明らかにした。

[産経新聞]
産経新聞

 官民ファンドの産業革新投資機構(JIC)の横尾敬介社長CEOは5日、東京都内での記者会見で、政府が半導体など電子部品のサプライチェーン(供給連鎖)対策の強化を打ち出していることについて、「予てから問題意識を持っている」と述べ、経産省などと連携して対応する考えを明らかにした。

 横尾社長CEOは「JICとして、安全保障問題について判断する立場ではない」としたうえで、「ひとつひとつの投資案件を見たときに、安全保障に関わると判断した場合はその時点で(投資の可否を)検討することになる」と述べた。

 半導体やエレクトロニクス分野への投資について、「国際競争が激しく、サポートしていく必要はある」と強調した。

JICは同日、2022年度の事業の取り組みについて発表した。菅義偉首相が掲げる「2050年カーボンニュートラル」をなど踏まえ、環境、デジタル技術による変革(DX)などの分野への投資を重視する方針だ。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.