ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年07月20日 07時00分 公開

「薬飲まされた」とLINEでSOS 密室の覚醒剤死事件 証拠どう評価

豪邸に暮らす男は、40歳以上年下の女性に覚醒剤入りの酒を飲ませ、死に至らしめたのか。こんな点が争われた裁判員裁判の判決が7月20日、東京地裁で言い渡される。被害女性は友人にLINEでメッセージを送っていたが、被告の男は「女性が自分で覚醒剤を摂取した」と無罪を主張している。目撃者はおらず、間接証拠をどう評価するかがポイントになる。

[産経新聞]
産経新聞

 豪邸に暮らす男は、40歳以上も年下の女性に覚醒剤入りの酒を飲ませ、死に至らしめたのか。こんな点が争われた裁判員裁判の判決が20日、東京地裁で言い渡される。「(薬物を)気づかずに飲まされた」。被害女性は友人にLINEでメッセージを送っていたが、被告の男は「女性が自分で覚醒剤を摂取した」と一貫して無罪を主張している。目撃者はおらず、間接証拠をどう評価するかがポイントになる。(塔野岡剛)

28畳の洋室で…

photo

 傷害致死罪などに問われた男は会社役員、石原信明被告。起訴状などによると2018年7月22日、デートクラブで出会った知人女性に自宅で多量の覚醒剤を混ぜた日本酒を飲ませ、急性覚醒剤中毒で死亡させたとしている。

 被告の自宅は東京都渋谷区の閑静な住宅街にある。地上3階地下1階の鉄筋コンクリート造の一戸建てで、義理の妹と同居していた。事件現場は3階にある約28畳の洋室。事件当時、義理の妹は外出中で、女性と部屋に2人きりだった。

 検察側は公判で、女性が直前までラインで連絡を取っていた友人とのメッセージ内容を明かした。事件当日の午後1時過ぎ、女性は「今、コカインを勧められてる」とメッセージを送信。その後も警察に通報すべきかなどと相談していた。「一度だけ電話がつながると(女性は)『日本酒にコカインを混ぜられて気づかずに飲んでしまった』と小声で話した」。友人は法廷で、こう証言した。

 119番通報をする直前に石原被告から連絡を受けた知人の供述調書によると、被告は薬物の隠語を使い「使ったら女の子がおかしくなっちゃって」と話したという。司法解剖を担当した医師は証人尋問で「遺体からは多量の覚醒剤の成分が検出された。被告宅に到着してから遅くとも約6時間後には死亡していたと推定される」と証言した。

 論告で検察側は、石原被告の自宅から押収したおちょこから、覚醒剤の成分を検出したと指摘した。被告の毛髪からも覚醒剤の成分が検出され、「常習性もうかがえる」とした上で「覚醒剤を勧めたが女性に拒否され、日本酒に入れて摂取させた」と主張。「卑劣で悪質な犯行。公判でも不合理な弁解をしており、反省もない」として、懲役10年を求刑した。

異色の経歴

 一方、弁護側は女性が自ら覚醒剤を摂取したと主張。「被告は過去に覚醒剤を使ったこともなく、自宅や関係先からも覚醒剤は見つかっていない」とし、無罪を訴えている。

 不動産業を営む石原被告は、50代後半で大学院に入り、61歳で税理士の資格を取得した異色の経歴を持つ。7月6日の初公判以降、計7回に及んだ公判中、時折便箋にメモを取りながら、厳しく追及する検察側の質問にも落ち着いた口調で対応していた。

 公判では税理士らしく数字の正確性にこだわる一面も。弁護人に防犯カメラの画像を見せられ、「待ち合わせ場所のホテルで合流してから1分で出発してますね」と問われると、表示時刻を確認し「36秒ではないですか」と訂正を求めた。

 その石原被告が説明する事件当日の動きはこうだ。午前11時50分ごろ、渋谷区内のホテルで女性と合流、車で自宅に向かった。これが4回目のデート。自宅では食事を取ることもなくすぐに酒を飲み始め、女性の飲酒ペースが徐々に速くなった。日が暮れるころには女性はベッドの上で飛び跳ねるといった異様な行動を見せ、直接何かを口に含むようなしぐさをした。

 しばらくして女性は、持病のてんかんの発作を起こした。持病について聞かされていた石原被告は女性のバッグから薬を取り出し、服用させた。症状はいったん落ち着いたが、翌朝になり異変を感じたため、知人男性を自宅に呼び、119番通報した。

 最終弁論後、改めて「私は何もやっていません。無罪です」と語った石原被告。決定的な証拠がない中、法廷で展開された相矛盾する主張を、裁判員はどう判断するだろうか。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.