ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年07月27日 12時19分 公開

ロボット連れて遊べる施設、渋谷にオープン ドッグランならぬ“ロボットラン”も

ロボットオーナー同士が、“家族の一員であるロボット”を連れて交流できる新施設が渋谷に。

[岡田有花,ITmedia]

 ロボットオーナー同士が、“家族の一員であるロボット”を連れて交流できる新施設「PARK+」(パークプラス)が9月17日、東京・渋谷にオープンする。シャープの「RoBoHoN」(ロボホン)、ヤマハの「Charlie」(チャーリー)など、各社のロボットオーナーが集まって語り合ったり、ドッグランのようなスペースでロボットを走らせたりできる。

画像
画像

 「パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に」という思いで実行委員会を発足。各ロボットメーカーの協力を得て企画した。

 ロボホン、チャーリーのほか、ミクシィの「Romi」(ロミィ)、GROOVE Xの「LOVOT」(らぼっと)を提供する各社が協力。メーカー問わずロボットオーナー同士が交流でき、ロボットになじみがない人でも、お茶や食事を楽しみながらロボット体験できる。

 ドッグランのように芝生に見立てたスペースの上でロボットを走り回らせたり、一緒に写真を撮ったりもできる。各ロボットと対応の充電器も設置した。

 場所は「WIRED SHIBUYA」(カフェ・カンパニー運営)内。各ロボットをモチーフにしたパフェなどのスイーツをはじめ、食事メニューもそろえている。

 予約チケットは、クラウドファンディング限定で販売する(CAMPFIREカモファンディング)。

 実行委員会は、パートナーロボットがペットのように“家族の一員”になり始めている一方で、オーナーからは「人に言うのがはばかられる」という声や、「ロボットを迎えることを家族から反対されている」という声もあると指摘。

 PARK+では「20〜30年後、ロボットがパートナーになって家庭に迎えられているのは“確実にやってくる未来”」とし、ヒトとロボットが共生する世界を提言していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.