ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年08月13日 07時00分 公開

さいたま市花火大会、2年ぶり開催へ YouTubeで配信も日時・場所は「非公開」

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2020年中止となった「さいたま市花火大会」が8月、開催されることになった。ただし、コロナ禍の状況が悪化していることから、日時や打ち上げ場所などは非公開にして「ステイホーム」を呼びかけた花火大会とする。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2020年中止となった「さいたま市花火大会」が8月、開催されることになった。ただし、コロナ禍の状況が悪化していることから、日時や打ち上げ場所などは非公開にして「ステイホーム」を呼びかけた花火大会とする。

 さいたま市では例年、旧浦和市・旧大宮市・旧岩槻市の3カ所で花火大会が行われているが、2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で3会場とも中止になった。

photo さいたま市役所

 同市観光国際協会によると「2年連続中止にはできない」と大会の実施を模索したが、人が密集する状態は作れないため、日時・場所非公開の形で、「数カ所で5分間程度」(同協会)の花火を打ち上げる。打ち上げ場所に人が集まった場合は、やむを得ず中止にする場合もあるという。

 花火大会の模様は28日午後6時半から、同協会の公式YouTubeチャンネルとテレビ埼玉で録画による配信・放送を行う。(兼松康)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.