ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年08月19日 07時00分 公開

40万平方m全域をカバーするフリーWi-Fi 和歌山県白良浜に

和歌山県の南紀白浜観光協会と白浜町、NTTデータ関西(大阪市北区)は、海水浴客でにぎわう町内の白良浜で、無料でインターネットに接続してスマートフォンなどを楽しめるフリーWi-Fiのサービスを始めた。今回は9月30日までだが、海上を含め約40万平方メートルもある白良浜全域で使えるといい、利用状況を調べた上で通年設置も検討するとしている。

[産経新聞]
産経新聞

 和歌山県の南紀白浜観光協会と白浜町、NTTデータ関西(大阪市北区)は、実証事業として、海水浴客でにぎわう町内の白良浜(しろらはま)に、無料でインターネットに接続してスマートフォンなどを楽しめるフリーWi-Fiのサービスを始めた。今回は9月30日までだが、全長約620mで海上を含め約40万平方メートルもある白良浜全域で使えるといい、利用状況を調べた上で通年設置も検討するとしている。

 フリーWi-Fiは、コロナ禍前まではインバウンド(訪日外国人客)誘致のために注目を集めていたツールだが、観光協会や町によると、白良浜では過去に町が設置していたものの、全域を十分にカバーしていなかったという。海水浴場設置期間には1日で約2万人が訪れたこともあり、気軽にネットを楽しめる環境整備が課題になっていた。

photo 海水浴客でにぎわう白良浜=和歌山県白浜町

 今回導入したのは、NTTデータ関西が開発した機種。通常のWi-Fi伝送距離は約50mだが、高性能なアンテナ技術でアクセスポイント(アンテナ)1台で約500mをカバー。通常十数台が必要な白良浜全域を2台で対応しており、工事費を抑えられる利点がある。

 サービスは7月21日から開始。観光協会は白浜温泉旅館協同組合を通じて各宿泊施設にフリーWi-FiをPRするチラシを配布するよう要請した。

 協会の担当者は「周知されればアクセス数が増えるのではないか。好評であれば、海水浴場設置期間だけでなく、常設することも検討したい」と話している。(張英壽)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.