ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年08月25日 07時00分 公開

ハンドボール日本リーグ、ネット配信を有料化 「全くお金がない」

 日本ハンドボールリーグの葦原一正代表理事らが、リーグ戦の映像をインターネットで無料配信していた「JHLtv」を今季から有料化すると発表した。「リーグの財政基盤は相当、厳しい。全くお金がない。しっかり収益化していかないと、たくさんの方々に伝えられない」という。

[産経新聞]
産経新聞

 日本ハンドボールリーグの葦原一正代表理事らが23日、オンラインで会見し、リーグ戦の映像をインターネットで無料配信していた「JHLtv」を今季から有料化すると発表した。ライブ配信のみ視聴できるコースは月額490円(税込)、ライブ配信とアーカイブを視聴可能なコースは同990円とする。葦原代表理事は「リーグの財政基盤は相当、厳しい。全くお金がない。しっかり収益化していかないと、たくさんの方々に伝えられない」と説明した。

 今季の日本リーグは28日に開幕する。男子11チーム、女子10チームが2回総当たりで戦う。男女各上位4チームが2022年3月、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザでプレーオフを行う。東京五輪が無観客開催だったことを受け、リーグは五輪のハンドボール観戦チケット保有者をプレーオフに無料招待するとしている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.