ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年09月01日 05時48分 公開

「Windows 11」は10月5日提供開始 無償アップグレードも同日から

Microsoftは次期OS「Windows 11」を10月5日に提供開始すると発表した。対応PCへの無償アップグレードも同日から2022年半ばまでかけてロールアウトする。Androidアプリサポートは10月5日の段階ではまだしない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは8月31日(現地時間)、次期OS「Windows 11」を10月5日から提供開始すると発表した。同日に新OS搭載のPCが発売され、既存のアップグレード可能なWindows 10搭載PCへの無償アップグレードもロールアウトする。

 win11

 無償アップグレードは、「Windows 10」への無償アップグレードの際と同様に、個々のPCのハードウェアの適格性、信頼性メトリック、PCの使用年数などによって提供時期が異なる。

 無償アップグレードは2022年半ばまで続く見込みだ。現行のWindows 10のサポートは2025年10月14日まで。

 アップグレードが可能になると通知が来る。また、[設定]→[Windows Update]→[更新プログラムの確認]でもチェックできる。

 なお、自分のPCがWindows 11アップグレードの対象かどうかを確認するためのアプリ「PC正常性チェックアプリ」が公式サイトからダウンロードできるようになる予定だが、本稿執筆現在「準備中」だ。

 win 12 PC正常性チェックアプリはまだ「準備中」

 Microsoftは10月5日にWindows 11搭載で発売する各OEMのPCも紹介したが、日本でも同日発売になるかどうかはまだ不明だ。Acer、ASUS、Dell、HP、Lenovo、Samsung、Microsoft(Surfaceシリーズ)のノートPCが紹介されている。

 なお、Windows 11の特徴の1つであるAndroidアプリの利用は10月5日時点ではサポートされない。「AndroidアプリをWindows 11およびMicrosoft Storeに導入するための旅を続けることを楽しみにしている。今後数カ月にわたるWindows Insiderプレビューから始まる」という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.