ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2021年10月15日 06時56分 公開

HTC、コンパクトで軽量なVRメガネ「VIVE Flow」を499ドルで予約開始

HTCはコンパクトで軽量なVRメガネ「VIVE Flow」を発表した。米国での販売価格は499ドル(約5万7000円)。コントローラは付属せず、Android端末で操作する。

[ITmedia]

 台湾HTCは10月14日(米国時間)、コンパクトで軽量なVRメガネ「VIVE Flow」を発表した。コントローラは付属せず、Android端末で操作する。iPhoneはサポートしない。同日米国などで予約受け付けを開始した(本稿執筆現在、日本ではまだ受け付けていない)。発売は11月。米国での販売価格は499ドル(約5万7000円)。

 vive 1 「VIVE Flow」

 「快適さと携帯性を重視した」製品で、重さはわずか189g。「VIVE Pro 2」のようなヘッドセットではなく、折り畳めるメガネ型だ。スピーカー内蔵(Bluetoothイヤフォンとの接続も可能)で、長時間装着していても蒸れないよう冷却システムも備える。

 vive 2

 画像で見えるケーブルはAndroid端末にではなく、外部バッテリーに接続している。VIVE Flow自体にもバッテリーは搭載されているが、米The Vergeによると内蔵バッテリーは「電源を切らずに電源交換できるようにする」ための数分しか持たないもので、基本的に外付けバッテリーに接続して使う。79ドルの別売バッテリーを接続すると、4〜5時間持続する。

 ディスプレイは1600×1600ピクセルの左右2つのパネルで、リフレッシュレートは75Hz、FOVは100度。左右別々に焦点を調整できる。プロセッサは米QualcommのXR1で、4GBのRAMと64GBのストレージを搭載する。

 vive 3 左右のレンズの焦点を別々に調整できる

 コントローラがないので、多くのVRゲームはできない。主な使い方は、瞑想アプリや仮想ドライブ、Android端末の画面のミラーリングで映画などのコンテンツの大画面での視聴、HTCのVR版ビデオ会議サービス「VIVE Sync」への参加などだ。

 Android端末での操作は、端末の画面上をスクロールしたりタッチすることで行う。あまり複雑なことはできないようだ。

 vive 4 Android端末での操作

 同社はまた、アプリストア「VIVEPORT」のサブスクリプションプランも発表した。月額5.99ドルで(VIVE Flow向きな)脳トレや瞑想などの没入型アプリに無制限にアクセスできるサービスだ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.