ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年10月15日 10時47分 公開

データウェアハウスSaaS「Snowflake」、Azure東日本リージョン対応版を提供開始

米Snowflakeの日本法人が、クラウド型のデータウェアハウスサービス「Snowflake」(スノーフレイク)について、IaaS「Microsoft Azure」の東日本リージョン上で動作するバージョンの提供を始めた。

[吉川大貴,ITmedia]

 米Snowflakeの日本法人は10月14日、クラウド型のデータウェアハウスサービス「Snowflake」(スノーフレイク)について、米MicrosoftのIaaS「Microsoft Azure」の東日本リージョン上で動作するバージョンの提供を始めたと発表した。2019年に提供を始めたAWS東京リージョン対応版に続き、国内リージョンの活用は2例目。

photo Snowflakeのサービスのイメージ

 Snowflakeはデータウェアハウスをベースとして、さまざまなデータを大量に保持できるリポジトリ「データレイク」や、同意があればユーザー企業間でデータを受け渡しできる機能などをまとめて提供するSaaS。自社のインフラに合わせ、ユーザー企業自身がAWSやAzure、Google Cloud Platformから提供基盤を選択できる点が特徴で、障害に備えクラウドを横断してデータを複製保存できる機能も搭載する。

 導入社数は世界合計で4990社(21年7月時点)。海外では米Cisco Systemsや米Adobeなどが採用している。19年からは日本市場にも参入しており、すでにサイバーエージェントや日産、ファミリーマートなどが導入済みという。Snowflake日本法人は今後もサービスを利用できるリージョンの拡大を進める方針。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.