ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年10月15日 13時47分 公開

ドコモ通信障害で金子総務大臣「大変遺憾」 原因究明と報告求める

金子総務大臣は10月15日午前の会見にて、NTTドコモの回線で発生した14日の通信障害について「大変遺憾」と発言。同社に原因の究明と速やかな報告を求めた。

[山川晶之,ITmedia]

 総務省の金子恭之総務大臣は10月15日、同日午前の会見にて、NTTドコモの回線で発生した14日の通信障害について「大変遺憾」と発言。同社に原因の究明と速やかな報告を求めた。

総務省の金子恭之大臣

 金子総務大臣は「国民生活の重要なインフラである携帯電話サービスで大規模な影響を及ぼす障害が発生したのは大変遺憾。総務省として今回の事態を重く受け止めており、NTTドコモに対し通信障害の原因を究明し、速やかに報告を求めるとともに、利用者への対応や通信障害の再発防止に万全を期すよう要請した」と述べた。

 通信障害は14日午後5時ごろに発生。全国規模で音声通話とデータ通信がつながりにくい状態が発生した。原因は「IoTサービスにおける位置情報サーバの切り替え工事」としており、午後7時57分には直接的な原因は解消されたものの、今度はアクセス集中による輻輳(ふくそう)が発生し、長時間に渡って通信が不安定になった。

 15日午前5時5分ごろに4G/5G回線については完全復旧したものの、3G回線については現時点(午後1時時20分)でもつながりにくい状態が続いており、3G回線を使用したフィーチャーフォンやスマートフォン、通信機器などに影響が出ている。

 ユーザーへの影響範囲は現時点で不明だが、障害が2時間以上発生したことから電気通信事業法が定める「重大な事故」に該当する可能性もある。この件について報道陣から質問を受けた金子総務大臣は「詳細な報告を受けて本件が電気通信事業法の重大な事故に該当するかを確認したい」とした。

 NTTドコモは、15日午後2時から通信障害に関するオンライン説明会を開く予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.