ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年10月16日 12時33分 公開

Apple Watch Series 7は自転車「サイコン」の代わりになる? 買って走って分かったことCloseBox(1/3 ページ)

買って試さなければ分からないことはある。そのために60km走ってきた。

[松尾公也,ITmedia]

 Apple Watch Series 7を買った。10月15日の初日、Apple 表参道で午前10時半にピックアップし、喜んで家に帰って初期設定をし、シェアサイクルを借りて走ってみた。

 試したかったのは、Series 7特有の機能と思われている、「音声フィードバック」だ。

 結果、分からなかった。

 どういうことかというと、Appleが製品ページで説明している、「速度や走行距離などの進み具合を声で知らせる音声フィードバック機能を搭載」を試したかったのだ。

photo Appleの説明には「速度や走行距離などの進み具合を声で知らせる音声フィードバック機能を搭載」とある

 音声で速度や距離を教えてくれるのなら、自転車のスピードや距離をディスプレイで知らせてくれるサイコン(サイクルコンピュータ)を代替、もしくは補助できるのではないかと考えたのである。

 想像していたのは、「ヘイSiri、今のスピードは?」と聞くと、「今の速度は時速30kmです」、手首を口元に近づけて「何キロ走った?」と尋ねたら「90kmです」と返してくれるようなの。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.