ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年12月02日 07時00分 公開

ソフトバンク子会社とファーストキッチンが手ぶら決済

日本コンピュータビジョンとファーストキッチンなどが、顔認証によるキャッシュレス決済システムをお披露目した。顔認証による決済をファストフードチェーンが導入するのは国内初。利便性の向上や効率化、注文での接触機会減による感染症対策が狙い。

[産経新聞]
産経新聞

 ソフトバンク子会社の日本コンピュータビジョンと大手ファストフードのファーストキッチン(東京都新宿区)などは12月1日、顔認証によるキャッシュレス決済システムをお披露目した。顔認証による決済をファストフードチェーンが導入するのは国内初。利便性の向上や効率化、注文での接触機会減による感染症対策が狙い。15日から一般客向けの実証実験を行う。

photo ファーストキッチンが実証実験する、顔認証によるキャッシュレス決済の端末=1日、東京都港区(林修太郎撮影)

 客は事前にWebで自らの顔やクレジットカード番号などを登録。店頭のセルフレジの上に備え付けられた端末が人工知能(AI)で顔を自動で認証し、レジで注文すると手ぶらで決済が可能だ。人により異なる眼や鼻の位置などをAIが分析し、取り違えや他人によるなりすましを防ぐ。

 将来的には顔から個人を認識し好みのメニューや「ピクルス抜き」の提案など個人に向けたサービスも実現できる可能性がある。ファーストキッチンの紫関(しせき)修社長は1日、「顔認証の導入でファストフードでは難しかった顧客への一対一の対応ができる」と語った。

 一般客向け実証実験は「ウェンディーズ・ファーストキッチン赤坂見附店」(港区)など都内3店で15日から2022年2月末まで実施。顔などを登録するサイトは12月15日から公開する。登録者限定のクーポン配布も予定している。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.