ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2022年01月07日 12時20分 公開

不正会計リスク、AIで“監査” 過去の不正企業との近似率を計算 トーマツ

トーマツがAI技術を活用して不正会計のリスクを予測する「不正検知モデル」を開発した。AIによる監査の高度化を目指す。

[谷井将人,ITmedia]

 デロイトトーマツグループの監査法人・トーマツは1月7日、AI技術を活用して不正会計のリスクを予測する「不正検知モデル」を開発したと発表した。AIによる監査の高度化を目指すという。

photo 過去の不適切な財務データを機械学習したモデルに、監査先の財務データを投入 売上高前年比や棚卸資産回転期間など、各財務項目に対して0〜1でスコアを算出する

 2005年以降に公開された有価証券報告者の財務データや、為替レート、物価指数といった市況データをAIに学習させた。対象企業・勘定科目の財務データから不正企業との近似率を「不正スコア」として算出する。

 計算に影響を与えた項目など、スコアの理由を表示できる他、類似度の高い不正企業の事例も参照できる。

 トーマツは1月から不正検知モデルを本格導入。今後2年間で100社以上の監査先で活用し、入手した財務データは同意を得てAIの学習データとして使うとしている。

photo これまでに開発した「仕訳分析モデル」「異常検知モデル」と併用してリスク評価から対応まで網羅

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.