News:ニュース速報 2001年1月31日 01:25 更新

日本IBM,超低電圧版モバイルPentium III搭載ThinkPadを発表

 日本アイ・ビー・エム(IBM)は1月31日,超低電圧版のモバイルPentium IIIプロセッサを搭載した個人向けB5サイズノートPC「ThinkPad i Series 1124」(2609-93J)を発表した。価格はオープンプライスだが,直販のIBMダイレクト価格は19万8000円。2月3日より販売を開始する。

 1124が採用した超低電圧版のモバイルPentium IIIプロセッサは,500M/300MHzの2段階で動作する。300MHzで動作するのはバッテリー駆動の場合で,電圧は1ボルト以下,消費電力は0.5ワット未満に抑えられている(別記事参照)。日本IBMによれば,1124は現行モデルと比較して電力消費を約31%低減したという。連続駆動時間は,標準バッテリー使用時で約5時間,オプションの「Full Day バッテリー・パック」を使うと約7.5時間となる(いずれもカタログスペック)。

 主な仕様は以下のとおり。

製品名2609-93J
CPU超低電圧版モバイルPentium III/500MHz(バッテリーモードでは300MHzで動作)
メモリ64Mバイト(最大192Mバイト)
HDD20Gバイト
ディスプレイ10.4型TFT液晶(1024×768ピクセル)
OSWindows Me
駆動時間約5時間(標準バッテリー)/約7.5時間(Full Day バッテリー・パック)
本体サイズ260(幅)×202(奥行き)×43.5(高さ)ミリ
重量1.46キロ(標準バッテリーパック含む)
→詳細記事

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -