News:ニュース速報 2001年3月23日 03:48 更新

日本HP,jornada2機種を国内発表

 日本ヒューレット・パッカードは3月23日,PDA「jornada」シリーズのエントリーモデル2機種を国内発表した。

 「jornada 710」は「Windows Powered Handheld PC2000」を搭載したハンドヘルドPC。既に発売されている「jornada 720」とほぼデザインは同じながら,機能を絞り込むことで価格を抑えた。CPUは206MHz動作のStrongARM SA1110,内蔵メモリは32Mバイト。ディスプレイは640×240ピクセル表示のカラーSTN液晶を搭載した。720と同様,Windows Media Playerがプリインストールされている。内蔵モデムは省かれた。3月31日発売。オープン価格で,同社直販サイト「hpselect」での予定価格は7万9800円。

 「jornada 525」は「Windows Powered Pocket PC」を採用したPDA。CPUはSH-3/133MHz,内蔵メモリは16Mバイト。ディスプレイは240×320ピクセル表示のカラーSTN液晶を搭載した。コンパクトフラッシュType IIスロット×1を装備し,P-in Comp@ct」を装着してデータ通信が行える。デザインは「jornada 548」とほぼ同じだが,本体カラーにホワイトシルバーを採用した。3月31日発売。オープン価格で,hpselectでの直販価格は3万9800円の予定だ。

関連リンク
▼ jornadaシリーズの製品情報

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -