News:ニュース速報 2001年3月30日 05:35 更新

旧ジャレコにリストラの波,直営ゲーセン一時閉鎖に希望退職実施

 パシフィック・センチュリー・サイバーワークス・ジャパン(PCCWジャパン)は3月30日,買収した旧ジャレコを母体としたゲームディビジョンの事業見直しを発表した。

 家庭用ゲーム機と携帯電話普及で売上が低迷している直営アミューズメント施設事業を見直し,都内の「GARESO」など都内の直営5店舗を4月末で一時閉鎖する。同社は「閉鎖はあくまで一時的なもの」とし,「時代のニーズにマッチした新しい業態による施設を展開する事業計画を検討している」という。

 またアクアリウム店舗も3月末で一時閉鎖。さらに業務用機器とアクアリウム製品を絞り込む結果,大分工場を3月末で閉鎖する。ゲームソフト開発は継続するが,ハード開発は外部に委託する。これにともない,PCCWジャパンの社員全員を対象に希望退職者を募集,約300人の社員を半分に減らす計画だ。

 同社は事業見直しで,過去3年間の赤字約30億円を解消したい考え。見直しにより,今後1年間で経常費用約12億円を削減し,売上は3億円アップの約30億円,2001年の利益は2000万円の黒字を見込んでいる。

関連リンク
▼ PCCWジャパン

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -