News:ニュース速報 2001年4月16日 06:32 更新

ACCESS,「NetFront v3.0」を発表

 ACCESSは4月16日,情報家電向けWebブラウザの最新バージョン「NetFront v3.0」を発表した。HTML4.01やCSS,DynamicHTMLなど最新の標準規格に対応した。

 NetFrontは1995年にリリースして以来,100製品2400万ライセンスを出荷し,国内の組み込み向けWebブラウザではトップシェアを獲得している。新バージョンでは多機能OSや200MIPS以上の高速CPUに対応。W3Cの推奨仕様に対応したほか,ブラウザエンジンをコンテンツ記述言語モジュール部と機能モジュール部(Javaなど)に分割。WMLやBMLといった特定マークアップ言語にもモジュール交換で対応し,さらにカスタマイズツール「Diet」によりソースコードを変更することなく各種機器に柔軟に組み込み可能になったという。

 また同社は,独法人「ACCESS SYSTEMS EUROPE Gmbh」を4月下旬に設立。欧州市場への製品販売を本格化させる。海外拠点は昨年の米法宇人に続き2カ所目。

 同ソフトは4月17日に都内で開かれる「ACCESS DAY!」でデモ公開される予定。

関連リンク
▼ ACCESS

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -